• ホーム
  • リウマチは何かのきっかけでなる?

リウマチは何かのきっかけでなる?

2019年06月02日
お腹が痛い男性

リウマチは手や足の関節に腫れや痛みを生じる病気で、だんだんと症状が進行していくのが特徴です。
ステージⅠからⅣまでに分かれており、Ⅳは末期とされ、日常生活を送るのに介護をしてもらわないといけない状態になってしまう怖い病気です。

人間の体には本来、体の外から侵入してきた細菌やウイルスを攻撃して撃退するという免疫機能が備わっていますが、リウマチはこの免疫機能に異常をきたすことによって起こります。
免疫機能は混乱して正常に働かなくなっているため、自分の体の中の組織や細胞を異物だと認識し、攻撃、破壊していきます。

これが関節に起こりがちなため、リウマチは関節が多い手足部分に痛みが生じ、だんだんと軟骨を取り巻く滑膜が破壊され、さらに軟骨が破壊されて変形していきます。
最終的には骨まで破壊が進み、そのまま強固にくっついてしまうため、手足を動かすことも不可能になってしまうわけです。

そんなリウマチは、免疫系の異常から起こる病気であることはわかっていますが、免疫系の異常をきたすきっかけとなるものが何かという、おおもとの原因はまだはっきりとわかっていません。
このきっかけがわかれば、対策のとりようもあるのですが、今一つはっきりしないために気が付いたら症状が進行していたという人が多いのも事実です。

きっかけとして考えられるのは、まずは細菌やウイルスへの感染です。
もともとは正常に働いていた免疫機能が何らかのきっかけで内部組織を攻撃するようになったと考えられるからです。
また、ストレスを感じることが多かったり、常に疲労にさいなまれているケースも要注意です。

ストレスや疲労は免疫力を低下させることから、ウイルス感染のリスクを高めてしまうからです。
ウイルス感染をしないためには、ストレスを上手に発散して溜めないようにし、十分な栄養と睡眠をとって強い免疫力を備えた体にしておくことが大事です。

また、遺伝という要素も大いにあり、遺伝の場合は家系をたどっていくと過去にリウマチを患っていた人が比較的多いということが分かるケースがよくあります。
ただ、同じ親から生まれた兄弟姉妹でもなる人もいればならない人もいて、こればかりは誰に強く遺伝が現れるかわからないのが実情です。

リウマチと診断されたきっかけとは

リウマチと診断されるきっかけとなる症状にはいくつかありますので、当てはまるものが多いと感じるときは専門の医療機関を早めに受診するのがいいでしょう。
早く受診すればそれだけ早く対策をとることができ、進行を遅らせることが可能になります。

自己免疫疾患の一つであるリウマチと診断されるきっかけとなる状況として多いのは、関節部分にこれまでになかった変化が見られることです。
朝起きたときに、手や足の関節がこわばっているというのは、リウマチが隠れている要因としてよくあります。
ただ、朝起きたときにこわばっていても、30分程度経過すると普通に動けるようになりますので、つい大丈夫だろうと思ってしまいがちです。

他には関節が痛いときには、触るとぶよぶよしていたり、熱っぽくなっていたり、あるいは明らかに腫れていることが分かる場合があります。
これらはリウマチである可能性が非常に高いサインですので、そのままにしておくとますますひどくなってしまいます。

自己免疫疾患の中では代表的といっていいリウマチは、とりわけ早期発見が重要ですので、左右の手足の関節が動かしにくいといった症状も含め、上記に該当する項目があればすぐに医療機関に行くのがおすすめです。

とりわけ朝の関節のこわばりは、寝ている間に炎症を起こす成分が関節にたまることによって起こりますので、典型的なリウマチのサインと言えます。
この時点で医療機関に行けば、リウマチと診断されたとしてもまだ初期の段階で済むでしょう。

もし、リウマチを患っている人が身近にいたとして、その人にリウマチと診断されたきっかけとは何だったかと聞くことが可能なら、これらのうちのどれかを挙げるのではないでしょうか。

関連記事
口内環境を清潔に保つことでどんな病気を予防できるか

最近注目を集めているのが、口内環境を清潔に保つことで健康に与える効果があるということです。口内環境は人間の体内に直結する部分でもありますので、食事の後や就寝前など、念入りにケアを行うことでリウマチをはじめ様々な症状を防ぐことが可能であると言われます。多くの人が経験したことのある口内炎も、疲労やストレ

2019年11月04日
リウマチの症状はどのように進行するのか

リウマチとは、関節が炎症を起こし、腫れることでだんだんと関節機能が損なわれ、変形していく病気です。腫れたり、痛みが激しいのが特徴で、特に動かさなくても痛みがあることから、かなりつらい病気と言えます。そんなリウマチの症状はどのように進行していくのかというと、そもそも免疫の働きに異常をきたしたために発症

2019年09月28日
リウマチ患者の症状の進行と予後について

リウマチは全身の関節で炎症が多発して生じ、関節の破壊や変形が生じる病気です。初期は早朝の起床時の関節のこわばりを感じる程度ですが、次第に関節の腫れや痛み・発熱などの症状が出るようになります。リウマチは進行性の病気で、進行するにともない関節や骨のダメージが蓄積し、関節の変形や脱臼が観察されるようになる

2019年08月29日
リウマチなどの関節痛に効果のあるボルタレンとは

ボルタレンは眠れないほどの痛みがあるリウマチによる関節痛や腰痛などのつらい痛みを緩和することができるほどの効能を持ち、腫れなども引き起こす炎症を抑える作用にも優れています。有効成分ジクロフェナクナトリウムが持つ優れた抗炎症作用で痛みの原因物質の生成を抑えるボルタレンは、NSAIDsとも略される非ステ

2019年07月25日
メトトレキサートは関節破壊の予防に効果があります

リウマチは全身の大小の関節で炎症が生じて、関節破壊が進行する病気です。リウマチと診断されると、非ステロイド系鎮痛剤と少量のステロイドホルモンで治療を始めることとが、従来から行なわれてきました。しかし最近では早期から積極的な治療を開始することで、リウマチによる関節の破壊の進行を妨害する効果が高いことが

2019年08月10日
リウマチは早期発見で予後はどう変わるか

関節リウマチの症状は発症後徐々に進行していくと考えられていました。しかし、最近では発症後の早い段階で急速に関節が破壊されるということが分かってきています。つまり、症状としてはゆっくりと進行しているようでも、関節の内部では炎症が続いており、関節が破壊されているということもあるのです。リウマチを発症して

2019年07月05日
リウマチの主な症状について

中年期の病とよく言われているリウマチは、進行することで日常生活を困難にする厄介な病気です。リウマチになるとどんな症状が引き起こされるのでしょうか、またリウマチかなと疑ったらどんな対処を取る必要があるのでしょうか。リウマチとは関節が炎症を起こしている状態のことです。軟骨や骨が本来の機能を損ね、リウマチ

2019年06月15日